新着記事をチェック!>>

使って納得の敏感肌に優しいおすすめ日焼け止めはこれ!SPFとPAの意味も解説

肌に優しい日焼け止めはこれ!雑記
この記事は約10分で読めます。
ねずみさん
ねずみさん

今日は天気がいいね。

お猫、ちょっと散歩してこよ。

お猫
お猫

うん♪

ちょっと待ってね、日焼け止め塗るから。

ねずみさん
ねずみさん

はーい。

じゃあ外で待ってるね。

お猫
お猫

おい待てねずみ。

お前も塗るんだよ!

ねずみさん
ねずみさん

えー、俺はいいよ。

日焼け止め塗ると肌荒れそうだし…

お猫
お猫

今は肌に優しい日焼け止めがたくさん出てるんだよ。

ちょうど新しい日焼け止めに買い替えたから、ねずみさんにも塗ってあげるよ。

ってか、お猫のおすすめなんだから黙って塗らせろ!

ねずみさん
ねずみさん

強引だなぁw

まぁそんなに良いなら使ってみようかな。

 

夏の日差しから肌を守るための必需品である日焼け止め。

各メーカーからたくさんの日焼け止めが発売されていますが、肌に直接塗って使用する日焼け止めは、効果だけではなく肌への負担も気になりますよね

この記事では検証雑誌で高評価を獲得し、肌の弱いねずみと日差しに弱いお猫も愛用しているおすすめの日焼け止めを2種類紹介します。

 

お猫
お猫

SPFやPA値などの事についても順番に説明していくね!

スポンサーリンク

日焼け止めに記載されている数字や言葉の意味は?

 

市販されている日焼け止めのパッケージを読むと

  • SPF
  • PA 
  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤

など、日焼け止めを使わない人には聞き慣れない言葉が記載されていますよね。

言葉は知っているけど、意味までは分からない方も多いのではないでしょうか。

 

ねずみさん
ねずみさん

たしかに!

言葉は聞いた事はあるけど、それがどんな意味かって分かんないかも。

お猫
お猫

日焼け止めに書いてある数字や記号は、紫外線の種類に合わせた効果の大きさを表すものなんだよ。

日焼けの原因となる紫外線

UV-A(紫外線A波)肌を黒くする要因になる紫外線
UV-B(紫外線B波)肌の表面に作用することで肌を赤くする紫外線
UV-C  (紫外線C波)オゾン層に吸収され地上までは届かないと言わている紫外線

上記の紫外線の内、UV-AとUV-Bを防ぐ効果の大きさをSPFとPAで表しています

 

また、日焼け止めの紫外線防止効果を持つ成分は

「紫外線吸収剤

「紫外線散乱剤

の2つのタイプに分けられ、どちらの成分にもメリット、デメリットがあります。

お猫
お猫

成分の違いも理解しておけば、どんな日焼け止めが自分に合っているのか確かめやすいね♪

ねずみさん
ねずみさん

それぞれの言葉の意味を、簡単にでもいいから覚えておくといいかもね。

 

SPFってなに?

 


SPF(SunProtectionFactor)

UV-Bを防ぐ効果の大きさを表しており、肌に赤みが出るまでの時間を何倍まで伸ばせるかの目安になる数値です。

例えばSPF50だと、日焼け止めを何も付けてない場合に比べて、肌に赤みが出るまでの時間を約50倍遅らせる事ができるとされています。

ねずみさん
ねずみさん

50倍!

朝塗れば夜まで何もしなくても良さそうだね。

お猫
お猫

日焼けするまでの時間は人によって違うから、何もしなくていい訳じゃないよ。

ねずみさん
ねずみさん

あ、そうか。

太陽にあたると1分で肌が赤くなるような人だと、塗ってから50分しか効果が得られないって事になるのか。

 

SPFの高い日焼け止めを塗った事で紫外線を長時間ばっちり防げるという訳ではなく、あくまで影響を減らせるという風に考えるのが良いですね。

 

PAってなに?

 

 

PA(Protection Grade of UV-A

UV-Aを防ぐ効果の大きさを「+」で表しており、日焼けにより肌が黒くなる事を防ぐ効果の目安となります。

PAは日本化粧品工業連合会により

PA+・PA++・PA+++・PA++++

の4段階に分けられており、+の数が多いほど肌が黒くなるUV-Aを防ぐ効果が高くなります。

 

ねずみさん
ねずみさん

SPFが高い成分で肌が赤くなるのを防いで、PAが高い成分で肌が黒くなるのを防ぐって事かな。

お猫
お猫

そんな感じだね♪

 

紫外線吸収剤ってなに?

 

 

紫外線を吸収することで肌への浸透を防ぐ効果がある成分です。

皮膚の表面で吸収した紫外線を、化学変化を起こして熱などのエネルギーに変えて放出するので、紫外線が肌の内部に侵入する事を防ぐ事が出来ます。

 

ねずみさん
ねずみさん

肌に入る前に紫外線をやっつけてくれるんだね!

でも、皮膚の上で化学反応ってなんだか痛そう…

お猫
お猫

人によっては刺激を感じたりする事もあるみたい。

塗りやすいし紫外線を防ぐ効果は高いけど、肌への負担が大きいんだよね。

 

 

紫外線吸収剤は効果が高い分、肌への負担も大きい成分と言えますね。

肌が弱い方は使用する際に注意が必要です。

紫外線吸収剤として使われている成分
メトキシケイヒ酸オクチル
ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
オクチルトリアゾン
パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル など

 

 

紫外線散乱剤ってなに?

 

 

粒子が光を反射するはたらきを利用して、紫外線を肌表面で跳ね返して防ぐ効果がある成分です。

ねずみさん
ねずみさん

吸収するんじゃなくて跳ね返すんだね!

お猫
お猫

塗りにくかったりするけど、化学反応を起こさないから肌への負担も少ないんだよ♪

 

 

紫外線散乱剤タイプの日焼け止めは白浮きしてしまうものが多かったようですが、最近は乳液タイプやジェルタイプの白浮きしにくい日焼け止めも増えています。

紫外線散乱剤として使われている成分
酸化チタン 酸化亜鉛 酸化セリウム タルク など

 

 

 

ねずみさん
ねずみさん

どっちにもメリットとデメリットがあるんだね。

それで、お猫が持っているのはどっちのタイプなの?

お猫
お猫

私が持っているのは紫外線散乱剤のタイプだよ!

ノンケミカルまたは、吸収材無配合と表示されているものは
紫外線散乱剤のみを使用した日焼け止めになります。

 

 

用途別SPF・PAの目安

 

日焼け止めの選び方は用途によって違いますが、効果には個人差があります。

 

お猫
お猫

成分の強さごとの使用目安を簡単にまとめたから参考にしてね!。

 

 

長い外出時におすすめの日焼け止めはこれ!

 

 

お猫
お猫

私は外に出る時に必ず日焼け止めを塗ってるんだけど、長時間日差しにあたる時はこれを使っているよ!

キュレル UVローション SPF50+【医薬部外品】 60ml

SPF50+
PA+++
使い方顔・からだ用
成分グリチルレチン酸ステアリル*、ジメチコン、低温焼成酸化Zn、シクロジメチコン、水、流動イソパラフィン、酸化Zn、アスナロエキス、酸化Ti、BG、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、スクワラン、POE・ジメチコン共重合体、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、グリセリン、シリコン被覆タルク、シリコン被覆酸化亜鉛(S)、メチルシロキサン網状重合体、メチルハイドロジェンポリシロキサン、タルク、水酸化Al、ステアリン酸、ユーカリエキス、ワセリン、パルミチン酸デキストリン、架橋型ジメチコン、ステアリン酸POEソルビタン 
*は「有効成分」無表示は「その他の成分」
その他無香料・無着色
紫外線吸収剤無配合

アルコールフリー(エチルアルコール無添加)
敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み
にきびのもとになりにくい処方 ノンコメドジェニックテスト済み

 

セラミドケアしながら紫外線から肌を守る、乾燥性敏感肌を考えたUVローション。

デリケートな赤ちゃんの肌にも使えます。

2019年に発売された検証雑誌でも日焼け止め部門で1位を獲得したキュレルUVローション。

使用感や肌へのやさしさ等あらゆるテストで優秀な結果を出した、敏感肌でも使える高性能の日焼け止めです。

 

実際に使用してみた感想
使用感乳液タイプで塗りやすい。
無臭でしっかり塗り込めば白浮きも目立たないが、少しベタつく感じがする。
撥水性撥水性が高く水滴をしっかりはじく。
肌への優しさエタノール、紫外線吸収剤無配合。
抗炎症作用のある成分を配合。
オフしやすさボディソープだけだと少し落ちにくい。
その他服に色移りしやすいので黒い服を着る時は注意。

 

 

短時間の外出ならこれでOK!

 

 

お猫
お猫

洗濯物を干したりちょっとコンビニまで行くくらいなら、これを使っているよ!

【ネコポス指定可能】キュレル UVエッセンス SPF30【医薬部外品】50g

SPF30
PA+++
使い方顔・からだ用
成分グリチルレチン酸ステアリル*、ジメチコン、低温焼成酸化Zn、シクロジメチコン、水、流動イソパラフィン、酸化Zn、アスナロエキス、酸化Ti、BG、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、スクワラン、POE・ジメチコン共重合体、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、グリセリン、シリコン被覆タルク、シリコン被覆酸化亜鉛(S)、メチルシロキサン網状重合体、メチルハイドロジェンポリシロキサン、タルク、水酸化Al、ステアリン酸、ユーカリエキス、ワセリン、パルミチン酸デキストリン、架橋型ジメチコン、ステアリン酸POEソルビタン 
*は「有効成分」無表示は「その他の成分」
その他無香料・無着色
紫外線吸収剤無配合

アルコールフリー(エチルアルコール無添加)
敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み
にきびのもとになりにくい処方 ノンコメドジェニックテスト済み

 

さらっとなじむエッセンスタイプなので、みずみずしく軽い使い心地です。

こちらももちろん、デリケートな赤ちゃんの肌にも使えます。

 

実際に使用してみた感想
使用感さらっとしていて塗りやすい。
乳液タイプほどではないが、しっかり塗らないと白浮きする。
撥水性撥水性が高く水滴をしっかりはじく。
肌への優しさエタノール、紫外線吸収剤無配合。
抗炎症作用のある成分を配合。
オフしやすさボディソープだけだと少し落ちにくい。
その他服に色移りしやすいので黒い服を着る時は注意。

 

 

使って納得の肌に優しいおすすめ日焼け止めはこれ!まとめ

 

  • SPFとPAについて理解しよう
  • 吸収剤と散乱剤について理解しよう
  • 用途別SPF・PAの目安
  • 長い外出時におすすめの日焼け止めはこれ!
  • 短時間の外出ならこれでOK!

 

ねずみさん
ねずみさん

肌に優しい日焼け止めは安心して使えるね。

肌荒れしないなら、俺もこまめに塗るようにしよっと♪

お猫
お猫

日焼けはお肌の大敵だからね!

これからはちゃんとケアしてから出掛けるんだよ。

たくさんの種類が発売されている日焼け止めですが、ねずみとお猫は記事内で紹介したキュレルの日焼け止めを愛用しています。

どちらの商品も敏感肌の方に協力してもらってのパッチテストを行っていることもあり、肌への考慮はトップクラスですね!

どの日焼け止めを使ってみようかと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい♪

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました